クリニックはビルの3Fにありエレベーターが利用でき安心です

大森の整形外科、南大井ペインクリニック整形外科では、神経痛や関節痛などの様々な痛みに特化した診療を行っています。患者様の痛みを少しでも早く取り除き緩和させ、日々ストレスなく過ごせるための即効性を持った治療を行っていきます。神経ブロック・関節内注射・腱鞘内注射・トリガーポイント注射などを使用して、末梢神経や中枢神経に働き掛けることにより痛みを解消させることが可能となります。
 

大森の整形外科は症状に合わせたブロック注射で痛みを解消します

概要

院名

南大井ペインクリニック・整形外科

住所

東京都品川区南大井3-6-18 有馬ビル3階

電話番号
03-6450-0473
営業時間

診察時間】
[火・木]9:00~16:30
[水]9:00~19:30
[土]9:00~13:00
※昼休みは有りません。

【酸素ボックス】
[月・金]10:00~18:00
[火・木]9:00~17:00
[水]9:00~19:00
[土]9:00~12:00

代表者

院長:植山 直樹

アクセス

京急大森海岸駅から南大井ペインクリニック・整形外科へは、徒歩10分でJR大森駅からとほぼ同じ距離です。駅を出てイトーヨーカ堂方面へ桜新道大通りを目指し、ベルポートの角を右に曲がりそのままいすゞ病院方面へ進むと歩道橋のある桜新道交差点があります。さらに直進し右手にすき家の先にLAWSONがあるビルの3Fが当院です。エレベーターが併設で安心してご来院いただけます。

JR大森駅からは北口改札を出て東口(右に曲がる)のエスカレーターを降り線路に沿って左側(北向き)に歩いてください。5分程歩くと右手に緑色の東京ネオンという看板があるビルがあります。その手前のT字路を右折ししばらく歩くと大きな通り(桜新道)にぶつかりすき家LAWSONが見えます。LAWSONのビルの3階です。

両駅とも徒歩で10分ほどかかります。脚力に自信のない方はタクシーをご利用ください。桜新道のすき家へと言えば直ぐ分かるはずです。

JR大森駅~大井町間のバスが1時間に1本ですが利用できます。桜新道で降りてください。

 

品川区や大田区などからアクセスが良いクリニックが評判

JRや京浜急行からも徒歩10分と通院しやすさが魅力

総合病院や大きな医療施設は待ち時間が多く、痛みを治療する前からストレスがかかり過ぎることを軽減したいという思いから大森で完全予約制のクリニックは開業いたしました。南大井ペインクリニック・整形外科では、腰痛や肩凝りなど多くの痛みは我慢するものでは無く、即効性のある麻酔治療を用いれば短い治療日数が可能となることで、健やかな生活を患者様に届けられると考えます。ペインクリニックは、専門医療としても認知されており麻酔科から派生した学会も立ち上がるほどの重要な役割を担う医療分野だと自負しております。お待たせしない即効性のある診療を指標とした麻酔療法で適切な注射を施し痛みの緩和を行います。
丁寧なカウンセリングで患者様に寄り添い、年齢を重ねた悩みにも対応し健康維持やアンチエイジングの効果が高い酸素ボックスプラセンタ注射も取り入れております。通常の気圧よりもボックス内は高気圧で溶解型酸素という小さな粒子が血液中に溶け込むことができる環境により、毛細血管の末端やリンパ液まで酸素が行き渡り痛みの早期改善や健康を保つことに役立ちます。またヒトの胎盤(プラセンタ)由来製剤注射の使用で、肝機能障害や更年期障害に効果があり痛みも緩和します。

大森の整形外科、南大井ペインクリニック・整形外科は、長年の大学病院などで経験した痛みをこらえた待ち時間をなくし患者様のストレスを少しでも軽減したい思いから完全予約制を採用しています。腰痛や肩凝りをはじめとする多くの痛みを麻酔薬を使用しブロックすることで即効性のある治療法を推奨するクリニックです。痛みのない健やかな生活を多くの患者様に届けていきたいと願い、あえてペインクリニックと掲げました。ペインクリニックとは、麻酔科から派生した専門医療分野で手術などの痛みを取り除く重要な役割を担う医療分野です。痛みを我慢せず的確な麻酔技術でストレスも取り除く診療を続けています。
人は例外無く年齢を積み重ね身体の機能も衰え悩みも多くなることは平等に起こり得ます。クリニックでの定期的な診療に加えて、日頃の生活習慣の見直しや食事に気を使い健康維持を心がければ重篤化も防ぐことができると考えます。大森の南大井ペインクリニック・整形外科では、酸素ボックスで高濃度酸素を体内に取り込むことが可能な医療マシーンも取り入れ、痛みのお悩みや疲労回復にも効果があります。またヒトの胎盤(プラセンタ)由来のプラセンタ注射の使用で肝機能障害や更年期障害にも対応していますので、ぜひご利用ください。