コロナウイルスに立ち向かう医療関係者の為ブルーインパルスが本日都内を飛んだ様です。

2020/05/29 ブログ
logo

 コロナウイルスに立ち向かう医療関係者は大変な労力、自己犠牲を払っているにも関わらず周囲の目は冷たい。保育園で通院を断られるなぞ論外の扱いだ。

 私が愛読する週刊新潮の「井の中の蛙」の著者である里見清一先生も専門外ながら狩りだされている様だ。コロナの患者を出すと病院を閉めなくてはいけない為一般の中小病院では熱発の患者は先ず受け付けない。医療機関は経営上余裕がないのだ。その為ごく一部の病院に患者が集中してしまう。不眠不休で働く医師、看護師、その他の関係者には感謝しかない。

 当院でも非常事態宣言が発令された後外来患者の数は明らかに減少した。今週は何とか元の患者さんも戻りつつある。週末は融資の申し込みの書類作成で大変だ。気が重い。ブルーインパルスの写真でも見て気晴らしするしかない。