小池百合子さんとは。誰にでも分かる嘘。

2020/06/14 ブログ
logo

 小池都知事が再選表明しました。いま騒がしいのがカイロ大学主席卒業という経歴です。これは誰にでも分かる嘘だ。アラビア語圏で育っても居ないのによしんば入学出来ても進級は不可能でしょう。

 昔フォレスト・ガンプという映画があった。知的障害があるフォレストが広告に出る際、母親が「誰にでも分かる嘘はついていいのよ」と諭す場面が思い起こされました。しかし政治家は誰にでも分かろうとどんな嘘もついてはいけません。

 主席卒業にこだわる小池さんはよほど自己顕示欲が強いのでしょう。コロナ感染時訳の分からない横文字を連発したのもその表れです。オーバーシュートなぞ完全な造語である。私は学があるとでも言いたいのか。

 小池都政の下石原都政で貯めた1千億円を使い切り来年に延期されたオリンピックの予算は残っていない。これ以上都民に負担を求めるのは酷だ。運も悪いが危機対処がまるで出来ていない。

 自民党が独自候補を立てないのが不思議である。個人的にはオリンピックとしがらみのない熊本県副知事が望ましい。小池さんには表舞台から居なくなって欲しいのだ。