2020年を振り返って。

2020/12/31 ブログ
logo

 今年は何といってもCOVID-19抜きには語れない。この中国発のウイルスは世界各国を混乱に導きその間中国は国力を蓄えた。全くけしからん。

 本日ドイツが艦隊をインド、南シナ海に派遣するというニュースがあった。欧米諸国は本気で中国を呪っている。これに対し近隣の我が国は何も対中政策を発表していない。

 米国が国力を落とした現在世界各国が日本に求める役割も以前より増している。対敵国攻撃能力を増強するとは言っているが何時になるやら。

 今紅白の裏でWOWOWの映画を見ているが鍵十字マークのバックミュージックがビートルズの「I Wanna  

Hold Your Hand」で始まったのにはぶったまげた。ドイツは第2次世界大戦時は同盟国であった。終戦が1945年だから75年が経過した今若い人は知る由もないか。

 私の父は3男だが長男が戦死、次男はシベリア抑留に会っている。母の父は宮崎の日南市から沖縄に出兵した数百人からたった2人帰国した1人だ。毎晩少量の酒を飲み歌え踊れで人生を謳歌していた。

 日本も早くポリシーを作り世界にアピールしないと第2次大戦の様に無理やり戦争に巻き込まれかねない。共産主義が悪である事は実証されている。本気で中国、ロシア、南北朝鮮をボコボコにする気概が無いと確実に消滅します。

 本年の株価は30数年振りの高値で終わった。このコロナ禍で大多数の国民が苦しんでいるのに何故であろう。ごく少数の富裕層と大多数の貧民層に分かれてしまったのであろうか。かつて世界一成功した社会主義国と称されたのは遠い昔の話なのか。

 Brexit 何故英国は島国に戻るのか。かつての敵国ドイツが繁栄しているのが気に食わないのか。国内でもスコットランド独立案が出るなど落ち着かない。

 フランス、私も一度訪れたポールボキューズさんが亡くなった。ジスカールデスタン元大統領、ピエールカルダン氏など訃報が相次いだ。

 最後に米国、私はトランプ氏が嫌いではない。何をしでかすか分からないのが魅力でもあった。バイデン氏は勝利早々尖閣諸島は日本固有の領土であると宣言し中国を牽制したのは評価できる。

 当院も緊急事態宣言中は患者が減少し潰れるのではと不安に成りましたが皆さま方のご協力で何とか息を吹き返しています。本日も1千人を超える発症者が出て緊急事態宣言最発令の恐れもあります。皆様のご支援が無ければ直ぐに潰れてしまいます。これからも宜しくお願いします。