金曜日は定番の鰻屋さんで舌鼓。

2021/01/22 ブログ
タグ

 金曜日は春日部市でアルバイト、夕食は吉川市の鰻屋さんで頂くのが定番になっている。本当はお蕎麦屋さんにも行きたいのだが非常事態宣言下お休みなので仕方ない。

 さて本日は悩ましい手紙が配布された。新型コロナウイルスワクチンを希望するかという物である。ワクチンの存在で天然痘は撲滅され現在の所、有用な方法である事は間違いない。

 しかし新型コロナウイルスワクチンは全くの別物である。ウイルスの成分は使わずにRNAを用いてウイルス様の蛋白質を作らせ免疫力を作るという全く新しい理論なのである。

 なんだか難しい話に成ってきたが簡単に基礎を振り返ろう。DNAとは遺伝子の本体である。RNAはDNAをコピーしたもので蛋白質を作るなど生命に不可欠の働きをしている。コロナウイルスはRNAが遺伝子の本体でありその抗原部分のみの情報をワクチンとして使うという。

 RNAは壊れやすく取り扱いが難しい。マイナス70度で保管するのもその為であろうか。保管庫から取り出したら直ぐに不活化するのではという懸念は拭えない。

 その意味では悪さはしない可能性が大きいので打つだけ打って患者さんに「打ちましたよ」とドヤ顔をするのも良いか。一週間で結論を出さねばならない。