ノーベル賞選考委員の炯眼には脱帽。

2021/10/08 ブログ
logo

 今年もノーベル賞発表の季節となった。嬉しいことに日本人(日本生誕者)の受賞があった。

 90歳で受賞。本人が一番驚いた事であろう。研究が開始されたのが真鍋氏渡米後のおよそ60年前に遡る。

 現代の最大の社会問題である地球温暖化研究のルーツを見出した意義は大きい。やはりノーベル賞は凄い。