診療報酬マイナス改定どころではない。町医者が消える日。

2024/03/04 ブログ
logo

 診療報酬がマイナス改定となった。初診、再診療がわずかに増えるだけだ。

 表に出ていない診療報酬の切り捨てが大きい。内科の先生は高血圧、糖尿病、高脂血症などの患者さんに生活指導など行なっている。月々指導料を請求して来たが今回この指導料が廃止されるという。

 試算では月100万の減収になるらしい。ちなみに当院の売り上げは月150万に過ぎない。

 このままでは経営が成り立たなくなる病院、特に診療所が溢れかえる事は間違いない。

 医師会は何をやっているのか。昔ならストライキを起こしてでも断固反対していただろう。医者も舐められたものだ。