痛みの原因を知り自己判断を避け早期治療で解決しましょう

大森の整形外科、南大井ペインクリニック・整形外科では、痛みの原因を特定し慢性化する前に早めの治療をおすすめしています。痛みの種類は日頃の生活でも感じる、頭痛・腰痛・肩こり・神経痛・関節痛など様々です。炎症や刺激による痛みとは、急性のものが多く、怪我などの外傷による痛みや肩関節周囲炎・腱鞘炎、関節リウマチなどがあります。
神経の支障からくる痛みは、外傷や病気と薬剤などが原因で、坐骨神経痛や帯状疱疹後の痛みなどがあり、しびれ感・針で刺すような痛み・電気が走る痛みがありましたら、迷わずご来院ください。

酸素ボックス
プラセンタ
ビタミンBC
ビタミンH
ニンニク注射

原因不明の痛みや慢性化した痛みの状態で「何をやっても治らない」と最終的に当クリニックの扉をたたく患者様が増えています。痛みは患部の筋肉が固くこわばることで血流が滞り発症することが多く、麻酔薬などによる即効性に富んだ積極的な治療で痛みの症状を取り除き、神経が誤作動した状態を正常に戻す診療を行います。
一度の注射で痛みが消えたという患者様や、数回に分けた治療を受け徐々に効カき目が現れる患者様もいらっしゃいます。初診時に丁寧なカウンセリングを行いますので安心して治療できます。日常化した腰痛や肩凝りだと自己判断せず慢性化する前に早期の治療をおすすめしています。注射治療以外にもリラクゼーション効果で痛みの緩和を施す酸素ボックスは評判で、美容にも効果があることから、クリニックでも人気のプラセンタ注射と併用してご利用いただくことが多くなりましたので、ぜひ一度ご来院ください。